一歩前に踏み出して

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018.06.17(日)青田南葉山(949.1m) , 斑尾山(1381.5m) 晴れ

<<   作成日時 : 2018/07/01 10:29   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 H、hy、tomo,occo.
たかが風邪・・・されど―。
息子から貰った風邪、息子は肺炎を起こし1週間の自宅療養―になった と。
私は肺炎まではならなかったが寝込んでしまい長引いた、未だに喉の奥が変―。
熱も咳も治まり体力に不安があるがお誘いを受け"ふたーつ"登ることにする。

高速米山SAのベンチをお借りしてtomoさん作の”ちまき”をいただく。
作るほどに腕前が上がっている〜!
南葉高原キャンプ場の道路案内から車でグングン高度を上げて進む。
キャンプ場にはロッジ等の建物が数棟あり hyさんは小学校の頃にキャンプに訪れた事がある―と。
画像

画像

届けを出して出発、木落し坂コースのピストン。
緩やかな道を進むと4合目の標識、その先から徐々に勾配が出て来る、
途中調子が悪くなり小休止させてもらいその後ゆっくりゆっくり登らせてもらいました。
6合目の水場で力水をいただき7合目の展望広場へ。
画像

靄がかかっていたが頚城平野、米山が見えた。その後 登りは緩やかになりカンアオイの葉を見つけては花を確認する。ここのカンアオイは種類が違うのか葉も花も細長いものが多かった。
画像

画像

画像

今年初のユキザサやギンリョウソウを見ながら山頂着。
画像

画像

石を積み上げた中の標柱、脇には南場大明神の祠があった。
画像
明神コースへの周回も可能ですが今回はもう一つ登るので往路下山しました。
下山後 キャンプ場内の食堂で早めのランチをして斑尾高原に向かった。

<ふた〜つ目のお山へ>
ホテル ペンションが多い中を進みレストランチロル手前に駐車。
画像

画像

目の前に広がるゲレンデ ここを登る。
画像

ここは信越トレイルの起点となる所。
家族連れが下山 わらび取りをして来たという。
ジリジリと背に陽を受けて"かえでの木トレイル"を登る。

30分程すると勾配が急になるがまだまだ登りきれていない。

登山道整備の方達が木枠?を軽々と運んでいた―私は自分を持ち上げるのに精一杯!!
ゲレンデを登りきるとブナ林があり日陰が嬉しい。
画像

ゴゼンタチバナの大群生を過ぎると北峰の分岐
画像
 
斑尾山頂まであと500m、10分程で到着するがここよりも大明神岳が展望が良いらしいの向かう。
画像

10分ほどすると広くは無いが開けた山頂に着く。
画像

眼下に野尻湖 遊覧船の航跡が涼しそうだった。その奥の山並 Hさんが地図を出してくれ皆で確認する。
画像

しばし休憩の後 来た道を戻り下山する。
ジグザグのゲレンデの下り 目的地が見えるのになかなか着かない〜!
画像

画像

画像

画像

ゲレンデ内の滑り止め?のお陰なのか靴裏がブラッシングされた様で土がきれいに落ちていました。
斑尾高原ホテルで汗を流し帰路に着く。
高原の風は心地良く あ〜山はいいな〜!を実感。
しかし、久々のお山で息が切れ、私にはなかなか難儀な山でした。

Hさんには長時間の運転をしていただきありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018.06.17(日)青田南葉山(949.1m) , 斑尾山(1381.5m) 晴れ 一歩前に踏み出して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる