一歩前に踏み出して

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018.03.18(日)  金鉢山(888.4m)  阿賀野市 

<<   作成日時 : 2018/03/19 16:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

晴れ  H、S、tomo、occo.
画像

2週間ぶりのお山、場所はどこにしようか?
選択肢の少ない中であれこれ考える―大蔵山or五頭山に落ち着く。
夕方になり急遽  ”金鉢山”に変更、ワカン持参で のメール。
達人助っ人お二人の参加があり金鉢山に行ける(^^)、はいはい、了解!
金鉢山の名前は聞いた事がありましたが初めてです。
登り口は?・・・地図を準備して翌日の仕度をする。
この山は残雪期に登られる山のようです。

R290 折居集落に入り奥に進むとゲートがありその脇に駐車し出発。
画像

川の流れを聞きながら締まった雪の上を歩く、川の水が豊富。
橋を渡り少し行ったところから取り付く。雪があったり地面が出ていたりの結構な勾配を登る・登る。
雪融けが進み藪が出てきている。枝に掴まり登る、ストックを畳もうかな・・・と頭を過ぎったがそのまま登る。ストックが急に軽くなり?見ると片方の一番下の部分が無い!―あたりを見ても無く往路下山なので帰りに探すことにする。(抜けた片方のストックを枝に掛けておく)
木の枝に布が巻いてあり そこから尾根に出るが更なる藪だった。
画像

黄色いマンサクが沢山咲いていた。
画像

藪を越えると雪面となり、冷え込んでいるのでそれ程埋まること無くツボ足で進むことが出来た。
向かう方向から朝日が射し眩しい。
画像

冷えて固くなった雪の上に前日の降雪がふんわりと積もりキレイでした。

雪面はワカンよりアイゼンの方が良かったかも・・・とは言えツボ足で
ステップを切って慎重に。
進む方向は一面真っ白、登りきると目の前にはパノラマのような展望、飯豊連峰、朝日連峰クッキリと青空に映えます。
画像

画像

画像

踏み跡のない雪の上を山頂を目指す。
画像

木のまわりに風で落ちたエビの尻尾が沢山落ちていた、山頂手前の木の上から風に吹かれカリカリと音を立てて落ちて来るものもあった。
画像

画像

ひと登りすると山頂着。ぐるりと360度の展望に4人で釘付けになる。
佐渡の雪を被った山並、彌彦山、角田山・・・直ぐ隣の山、登りでは見えなかった折居山の裏側は大きく割れていました。
画像

画像

画像

風当たりが強く一段下に下りてランチタイム。
画像

素晴らしい展望を眺めながらのランチタイム、この上ない幸せです。
食後の紅茶をいただいた後、もう一度山頂へ・・・こんなにいいお天気の展望を目に焼き付けます。
画像

画像

さて、下山―名残惜しく振り返ると山頂に向かう二人の方の姿が見えました。
違う登り口だったのでしょう。
あまり多く人の入らない山のようですが私達と同じような人が・・・。

いつものことながら下りは早い―あっと言う間に藪に入る。
順調に下っていましたがリーダーが、ん?違うな―GPSで確認するとズレている。登りでの踏み跡が融けていて判りずらくなっていた―軌道修正。
僅かな軌道修正で済みました―ホッ!!
藪の中でストック発見、その後で一番下の部分も”あったよ〜”と見つけて貰いました。
枝に助けられながら無事林道に出ました。
ゲートまでの林道歩きは雪が緩くなり時々足が埋まりました。
ワカンを持参しましたが履くことなく済みました。

初めての金鉢山 静かな素晴らしい展望の山でした。
達人助っ人さんのお陰で今回も大満足のお山になりました。
ありがとうございました。

ゲート前 6:50-取り付き 7:10-山頂 9:50 (11:05)-ゲート 13:10

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018.03.18(日)  金鉢山(888.4m)  阿賀野市  一歩前に踏み出して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる