一歩前に踏み出して

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018.03.04(日)  鳴沢峰(880m)  五泉市

<<   作成日時 : 2018/03/05 15:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

H、tomo、occo.
1週間前 不動堂山の帰路に鳴沢峰登山口を確認するとまだ雪は沢山ありましたが、車道に車を置けるスペースはありました。あとはお天気次第。
4日 日曜日の予報が晴れマークひとつに変わった。
<ゲート手前 広く雪除けされたスペースに駐車>
画像

ゲート前からワカンを付け うっそうとした杉林の中へ。
雪が柔らかい。徐々に急登になる、まだ杉林なのに〜?
地図を確認しながら208mのピークを越えて進むと一つ目の鉄塔がありその直ぐ奥に二つ目の鉄塔。
画像

見上げる空は雲ひとつ無い!木々の枝には春の兆しも見られる。
画像

三つ目の鉄塔を過ぎると辺りの景色が目に入るようになり後ろに五頭連峰が
クッキリ見えるようになる。
画像

目指す方向には大きくせり出した雪庇が幾つも見える、あそこを通って行く。
画像

急登は時々一息入れながら進む。幾つかの急登を過ぎ振り返ると足跡が見えない・・・下りはどうやって降りよう?―不安もよぎるが、―下りには雪が緩むからゆっくり足を入れるようにすれば大丈夫 と、アドバイス・・・でも内心ビビっている。

雪庇が割れ雫が落ちていたりするが見なかった事にする―^^;。
危なかったら戻ろうか・・・ルンルン気分だったtさんからこんな言葉が・・・
ここまで来たら大丈夫だよ〜あと少しだ―とHさん。
こんな会話を聞きながら黙々と進む。
画像


四つ目の鉄塔が見え手前の急登を登ると左側 雪が割れている―。
画像

その先も急登 一歩一歩ゆっくり登る。登りきると程なく山頂でした。
画像

大蔵山から縦走してきた男性が一人 周囲を堪能して戻って行かれました。
菅名岳山頂が良く見え人がいるのが見えました。
画像

風を避けて休憩、ホイルに包んだ”おやき”を焼いてアツアツをいただきました。野沢菜がたっぷり入っていて美味しかった。
画像

コーヒーを飲みながら至福のひと時―ぐるりと360度見渡せました。
画像

画像

ずっとここにいたい気分ですがそうも行かず支度をして下山。
下山は慎重に。
陽が当り雪が緩んできていました、足跡が見えない急な下りが不安でしたが何とかクリア。
画像

画像

振り返ると私達のトレースが1本、何だか嬉しくなる(^^)
画像

下りは早い、鉄塔を目標にグングン下る。
途中単独の男性が鳴沢峰まで・・・と登って行った。
鉄塔ごとに小休止し更に下る。
最初の鉄塔まで来るとホッ〜とした。
画像

画像

足が抜かり尻餅をついたりしながら杉林へ。
こんなに急だった?うん 急だったよー話しながら歩くと車が見えた。
あ〜着いた!
靴を履き替え咲花温泉へ。ジワジワ〜っと達成感に包まれました。
快晴の一日 目いっぱい雪の山を楽しみました。

行き止まりのゲート前 7:52-@A鉄塔 8:32-B鉄塔 8:57-C鉄塔 10:22-山頂 11:03
山頂 11:55-C鉄塔 12:16-B鉄塔 13:15-A@鉄塔 13:27-ゲート前13:53

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018.03.04(日)  鳴沢峰(880m)  五泉市 一歩前に踏み出して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる