一歩前に踏み出して

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016.11.30(水)曇り/晴 山葵山693m−松平山953m−五頭山912m−赤安山582m

<<   作成日時 : 2016/12/01 10:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

<松平山から菱ケ岳、奥に粟ケ岳>
画像

H、tomo,occo. R1
今年もあとひと月となりました、冬の晴れ間はとても貴重になります。
予報が良さそうなので松平山に・・・余裕があれば周回登山の予定。

昨年の今頃歩いていますが、今年は雪を踏んでの歩きになりました。
川沿いは気温も低く寒い!橋を渡るといきなり急登が始まり汗が流れ時々サングラスが曇るほど。
画像

予報は晴れマーク、しかし直前に曇りマークとなり徐々に良くなるとのこと―期待しましょ!
風も無く歩き易いですが山葵山までは急登、挫けずにひたすら登る―。
画像

葉を落とした木々の中に紫色が目を引く、ツツジの蕾?かな、日当たりが良かったのね〜。
画像

緑の葉に絡む真っ赤なサンキライの実もとてもきれいでした。
画像

山葵山に着き、水分補給をして先に進む。雲の切れ間から少し青空が広がってくる、
画像

次第に登山道は白くなり、松平山山頂は真っ白でした。
菱ケ岳が良く見えその奥に粟ケ岳も薄っすらと見えました。
画像

その先、トラバースの続く道、斜めに手を伸ばす木の枝を気にしながら進む、静かなブナ林はとても気持ちがいい。
左手に白くなった飯豊連峰が現れしばし立ち止まる。26日に見えた飯豊よりも少し白さが増したように感じられました。
画像

画像

大荒川山、反射板跡を過ぎると杉峰への登り、雪で白くなった登山道が見えグンと登る感じ、う〜ん登りだね・・・一歩一歩進み杉峰の分岐、五頭山山頂と順調に進む。
画像

画像

画像

画像

画像

ここでランチ休憩とする、青空が広がり日差しが眩しい。墨絵の様に広がる山並にうっとりでした。
じっとしてると寒くなる。身支度をして出発、三叉路を過ぎ”一回転ブナ”に挨拶をし前一の峰、ここからの飯豊の展望は素晴らしい。
画像

画像

飯豊を見ながらランチ休憩の方達が数名いました。
菱ケ岳からの縦走路が雪で白くなり良く見えました。
一の峰、三の峰小屋、五の峰と通過、雪が無くなり落ち葉の登山道は湿っていて滑る―
画像

画像

画像

赤安山分岐からは結構な下り、落ち葉に木の根が隠れていたりする。
画像

赤安山で小休止、あとひと息です。崩れやすい登山道にキレイに階段が付いていました。
登山口付近に資材があり階段は出来たばかりのようでした。
杉林の登山口に到着〜!お疲れ様でした。
画像

車のある駐車場までアスファルト道路をてくてく歩きクールダウン。
今日も気持ちのいい歩きが出来ました、ご一緒してくださった皆さんに感謝です、ありがとうございました。
<ミヤマシキミ>
画像

ミヤマシキミ・サンキライとも緑と赤のクリスマスカラーでツヤツヤの実が目を引きました。

魚止滝 7:43-山葵山 8:58-松平山 9:46-大荒川山 10:32-
杉峰分岐 11:11-小倉山(五頭山)ランチ(11:16-12:00)-三叉路 12:05-
三の峰分岐 12:27-五の峰 12:35-赤安山分岐 12:48-赤安山 13:08-登山口 13:45-魚止滝P 14:05

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016.11.30(水)曇り/晴 山葵山693m−松平山953m−五頭山912m−赤安山582m 一歩前に踏み出して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる