一歩前に踏み出して

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016.07.04-05 谷川岳馬蹄形縦走 2日目

<<   作成日時 : 2016/07/07 18:36   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

7/5 2日目 曇り〜晴れ
周りの物音で目が覚めると4時、暑くも寒くも無くぐっすり眠ることが出来た。
5時出発なので毛布を片付け身支度をして朝食、混ぜご飯、味噌汁、味付け海苔、漬け物、食後にはコーヒーもいただく。
外は霧が濃いが降ってはいない、足元が濡れるので雨具のズボンを付ける。
小屋の前で集合写真を撮り出発。
登山道の両脇にはニッコウキスゲが咲き、T山さんは”かぼちゃ畑だ”と。黄色い大きな花はかぼちゃに似ている。
画像

1時間ほどすると上越のマッターホルン・大源太山が見え間もなく七ツ小屋山、標識と三角点があるが”七ツ小屋山”の表示は無かった。
画像

アップダウンを繰り返し背丈ほどの笹原を下っていくと
画像

靄の中に送電線監視所(洋風の小屋)が現れ
画像

画像

それを過ぎると白崩避難小屋があった。
画像

ここから朝日岳まで500m程登ることになる、1時間ほどすると雲の切れ間に青空が出てきて皆の顔に笑みが浮かぶ、
画像

画像

まだまだアップダウンが続きましたが冷たい風が吹き心地が良かったです。前方の高いところが朝日岳?イエイエまだまだでした―三叉路のジャンクションピークを過ぎると木の階段や木道が現れ池塘には青空が映り気持ちがいい。数分で朝日岳山頂でした。
画像

画像

青空の山頂、進行方向の登山道が良く見えました。
画像

笠ケ岳は朝日岳より100m程低いのですが、ここは縦走路、大烏帽子、子烏帽子のピークがあり巻き道でしたがなかなかのアップダウンでした。
ガスで前の山が見えなかったのが突然とんがりの山が見えてきました。
画像

《手前のお花畑》
画像

青い屋根の避難小屋が見えると笠ケ岳?の山頂がハッキリ見え・・・またもや騙し?と疑い深くなりましたが山頂でした。
画像

画像

ここでランチタイムでしたがいつもの悪い癖、固形物が欲しく無い―食べられるものを口に入れ水分を摂る、Sさんからのオレンジが美味しかった。仰向けになり背を伸ばし大きく呼吸、日差しが暑い〜!横になり数分の昼寝、ほんの10−15分でも身体が楽になりました。
白毛門に着く頃にはまたガスが濃くなり大きな岩場の下りが多く、チェーンやロープの難所や崩落している箇所もありました。ジジ岩・ババ岩を見たかったのですが回りは良く見えずまたそんな余裕も無く―慎重に下る!長い長い下りを途中何度か小休止、木の根の階段も滑り易い。
画像

画像

沢音が近くなると木の間から建物や駐車場が見え喜ぶが見えてもなかなか遠かった。
登山口の標識が見えホッとする、その先の川で顔を洗いスッキリ!
画像

約10時間 長かった―。
お天気はもっと悪いと覚悟を決めての出発でしたが晴れ男さん晴れ女さんのお力添えで青空が顔を出してくれました、ありがとうございました。
高山植物の珍しい花も沢山あり今回は目に焼き付けて来ました。

登山の楽しみ方は十人十色、それぞれの楽しみ方があります。
私も反省すべき所が多々ありますが、同じ内容の事を伝えるにも
オブラートで包んで伝える、という方法もあったのではないかな?と思います。
―な〜んて勝手なことを言ってしまいましたが、今後 山へ出かける際には
心に留めておこうと思います。
皆さん 二日間ご一緒いただき大変ありがとうございました。
充実の二日間でした。

《クロモジの葉、水分を摂れる、唇を濡らすだけでもいいし、葉を揉んで香りを嗅ぐとリフレッシュ!出来る
と、達人T山さんに教えていただきました。》
画像


画像

2日目
蓬ヒュッテ 5:15-七ツ小屋山 6:15-清水峠 7:05-ジャンクションピーク 9:20-
朝日岳 9:48-笠ケ岳 11:12-白ケ門 12:47-松ノ木沢の頭 13:45-
登山口 15:30

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お世話になりました。
何よりも無事に行って来れたことに感謝です。
たくさんのお花にも会えたし良かったね
写真を撮るときに気を使ったのは
今回が初めてだったけど
大勢になると仕方ないわね
tomo
2016/07/07 21:25
ぐるりとひと回りの2日間 お世話になりました。
幾つもの山を越えてなんとか頑張ることができました。
天候は今ひとつでしたが、時々ガスが流れて山並が見えましたね。風も涼しくて良かったし。
まずは、みんな揃って無事に下山できて良かった!
ありがとうございました。

occo.
2016/07/07 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016.07.04-05 谷川岳馬蹄形縦走 2日目 一歩前に踏み出して/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる